ペット動物の災害対策

Disaster Prevention For Pets

家族とペットが安全に避難でき、一緒に暮らせるように日頃から備えましょう。

室内で飼っている場合

動物が普段いる場所は、地震のときに家具やケージが倒れたり落下したりしないようにしっかり固定しましょう。水槽などで飼っている場合は台に固定し、ガラス飛散防止フィルムを貼るなどの対策をとりましょう。

屋外で飼っている場合

飼育場所は、地震のときに破損しやすいブロック塀や、ガラス窓の下、倒れやすい建物のそばは避けましょう。災害時には動物が驚いて逃げ出すことがあります。首輪や鎖は外れたり切れたりしないか、ケージや囲いには隙間がないか、定期的に点検しましょう。

避難所や仮設住宅での注意点

避難所にはたくさんの人が集まります。動物が好きな人、嫌いな人、動物のアレルギーを持つ人、動物に不用意に手を出しかねない幼い子どもなど、多様な人々が一緒に暮らす場所ですから、動物の飼い主は普段よりも周りに配慮することが求められます。
避難所では、動物の世話やフードの確保、飼養場所の管理は飼い主の責任のもとに行うことになります。衛生的な飼養管理を行うことはもちろん、周りの人に配慮したルールを作り、飼い主同士が協力して助け合いましょう。

証明書となる鑑札や迷子札付の首輪などは必ず装着しましょう。首輪が取れても身元がわかるようにマイクロチップを忘れずに入れましょう。

動物のための備蓄品の用意

優先順位1

命や健康にかかわるもの

  • 療法食、薬
  • フード、水(5日分以上)
  • 予備の首輪、リード(伸びないもの)
  • 食器
  • ガムテープ
    (ケージの補修など多用途に使用可能)

優先順位2

飼い主や動物の情報

  • 飼い主の連絡先
  • 動物の写真
  • ワクチン接種状況
  • 既往症・健康状態
  • かかりつけの動物病院など

優先順位3

ペット用品

  • ペットシーツ
  • 排泄物の処理用具
  • トイレ用品
    (猫の場合は使い慣れたトイレ砂)
  • タオル、ブラシ
  • おもちゃ
  • 洗濯ネット(猫の場合)など

携帯電話に動物の写真を保存しておきましょう

動物と離れ離れになったとき、動物の写真はポスターの作成や、飼い主の証明などに使えます。動物が飼い主と一緒に写った写真があると、飼い主を特定するときに役立ちます。

出典:環境省「備えよう!いつもいっしょにいたいから」

トップへ