避難所・自宅で必要になるもの

Necessary thing at a refuge and home

「避難のとき持っていくもの」に加えて、避難所や災害後自宅で必要になるものをまとめました。全部揃うと災害発生時に、きっと皆さんとご家族のお役に立つものになるでしょう。

避難所などで必要となるもの

●小物類●

缶切り・栓抜き・多目的ナイフ

避難所生活を開始して困ったと気づくものは小物に多い。用途の多い「多目的ナイフ」があると便利。

筆記具・メモ帳

現金
多少の現金の手持ちがないと困ることがある。しかし多額になると防犯上の問題がある。無理なく用意できる範囲で、数万円程度は有った方が良い。

ライター

ガムテープ

●非常食・日常品1●

非常食

紙皿・紙コップ

スプーン・はし

スプーンや箸は、洗って再利用できるものを。

ラップ・アルミホイル

きれいな水は貴重なので余分には使えない。食料を盛りつける時、ラップを敷いてそこに盛れば皿を洗わなくて済む。

空の段ボール箱
小物の整理や、床に敷くなど多目的に利用できる。

●医療品・衛生用品・日常品2●

洗面用品

応急医薬品
絆創膏・きず薬・胃腸薬・風邪薬・鎮痛剤・目薬など。ビタミン剤やミネラルサプリメント・便秘薬があるとストレスケアにも役立つ。

着替え・大型タオル・スリッパ

トイレットペーパー
避難所のトイレは頻繁に多数の人が使うので、詰まらないようトイレットペーパーを必ず使用する。

毛布または寝袋・座布団

アイマスク・耳栓・補聴器・入れ歯用洗浄剤など
集団生活では様々な生活習慣の人が一緒になる。避難所は夜間就寝時に消灯する(避難所による)とトイレに行くのに困るが、点灯したままだと眠れなくなることもあるので、アイマスクは必需品。
避難所生活では色々な生活音が出る。夜間せき込む人や、他人の話し声、それらが耳障りとなり眠れなくなる場合も多い。そんなときに耳栓をすると多少は違う。海外旅行の旅客機内の夜間減灯の経験があれば、その時どうだったか思い出せば参考になるだろう。
慣れない避難所生活を健全に過ごす為に、必要になるものを準備しておこう。
電池使用ランタン、携帯電話の充電器
携帯電話の充電器は持参したが停電で使用不能ということがある。バッテリー切れに備えて予備電池なども用意しておく。
充電器は電池をセットして充電できるものの他、車のシガーソケットから充電できるオプションがあると便利。端末側のソケットは事前に確認して用意しておく。

撮影協力: 東京臨海広域防災公園