避難のとき持っていくもの

Things to prepare at the time of refuge

基本的な備品はもちろん、家族構成によって必需品は異なります。緊急時にすぐに持ち出せるように、普段から用意しておきましょう。

リュックに入れて持ち出すもの

比較的入手しやすいものを中心に選択しています。

●明かり、情報収集●

携帯電話

携帯電話用充電器

懐中電灯、予備用電池

小型軽量で明るいLED 製品で、乾電池はどこにでも売っている単1、単3 を使用しているものが良い。ただし乾電池は災害直後真っ先に売り切れるので必ずスペアを持っておく。ろうそくは火災発生の恐れがあるので照明としては不適当。

携帯ラジオ

●緊急時に使用●

笛(ホイッスル)

倒壊家屋に閉じ込められる状況など、助けを求める・危険を知らせる際に使用する。プラスチック製の安価な笛で良い。普段の外出時からバッグに入れておく。

ビニール袋・ポリ袋

わずかなスペースで持て、さまざまな用途に使える。ゴミ袋、持ち物の整理整頓、大型ポリ袋の底を頭が通るよう切り取ってかぶれば降雨時のポンチョになる。小さなポリ袋は怪我をした際に応急用の包帯に、洋式トイレに敷いて排泄物を入れる簡易トイレにもなる。

応急医療品

●非常用食料●

携行食

ビスケットやカンパン。チョコレートに羊羹など。少量でもカロリーが高いものが良い。

水 500ml×1人

応急行動として1次避難場所に向かう時、家族各人がペットボトル(飲料水500ml入り)を家族各人1本ずつバッグやポケットに入れて携行する。普段から冷蔵庫の中などすぐ出せる場所に入れておくのが良い。清涼飲料水やお茶はあまり適当でなく、普通の天然水が最適。

●自分と大切な家族に必要になる●

トイレットペーパー

ティッシュペーパー

コンタクトレンズ・眼鏡・入れ歯
常用の補正器具は就寝時、外した後定位置に置くように常置場所を決めておく。とくに高齢者の総入れ歯を外して就寝すると、夜中に避難行動が必要になった時忘れやすい。
日常服用している薬・お薬手帳
いつ持ち出す必要が生じるか判らないので、平常時に常備薬は定位置に置いておく習慣をつけておく。

タオル・下着・靴下

使い捨てカイロ

雨具

衛生用品
ガーゼ、綿棒、マスク、ティッシュ、ウエットティッシュ、歯磨きや洗顔のセット、ドライシャンプーなど。赤ちゃん用におしりふきなども用意する。
生理用品
生理用品は地震後すぐに売り切れてしまう。不意の災害に備えて普段から余分に買って備蓄しておく。
おむつ・離乳食・乳児用ミルク
乳幼児・高齢者の紙おむつなどもすぐに売り切れる。乳児用ミルク、離乳食缶詰なども家族状況に合わせて準備する。
家族分の保険証・メモカード
血液型・緊急連絡先・通帳のコピーなど。普段服用している薬を記したメモを作成し、保険証や運転免許証などと一緒にしておく。

障がい者手帳・介護用品

小銭・現金
少額でも現金を持とう。10円硬貨は1枚でもいいから必ず用意しておく。アナログ式公衆電話を利用する際に必要になる。

●その他あると便利なアイテム●

LED ダイナモマルチラジオ

AM/FM ラジオ、携帯・スマホ充電器、ライトにサイレンも付いて1台で災害に必要な複数の機能を兼ね備えている。電源・電池不要の手動充電式。

ヘッドライト

特に幼い子どものいる女性にとっては必携。夜、子どもの手を引き荷物を持って避難する際などには欠かせない。

アルミ製ブランケットシート

手のひらに収まるミニサイズながら、広げればからだを包むシートに早変わり。保温効果で寒い夜の屋外でも暖をとることができる。

簡易携帯トイレ

緊急用に便利な簡易携帯トイレ。メーカーにより凝固剤・殺菌剤入りなどがあり、日常でも持ち歩きたい。

防災タウンページ(冊子)

撮影協力: 東京臨海広域防災公園

持ち出し品・備蓄品リスト