家具転倒防止

Furniture fall prevention

近年発生した地震では、負傷原因の約30~50%の方が家具類の転倒や落下などです。家族や自分の大切な命を守るため、身近な家具の固定や配置を見直してみましょう。

平常時に行う対策

  • 災害時を常に想定しておく
  • 自宅家屋の耐震強度を確認し、問題があれば改修・補強する
  • 周辺地域の環境から予測できる災害の確認をし、災害発生時に対応できるよう備える
  • 避難場所と避難ルートの検討をし、実際に歩いて状況の確認を行う
  • 幼児や高齢者などの避難に誰が付き添うか事前に話し合っておく

家の中の安全対策

背の高い家具がない安全なスペースを確保する
出入り口や通路にはものを置かない
テレビやガラス類を高いところに置かない
寝室や子ども・高齢者がいる部屋には、倒れそうな家具を置かない
専用の金具で固定するなど、家具の転倒や落下を防ぐための対策を行う
窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る