心肺蘇生法とAEDの使い方

CardioPulmonary Resuscitation and A way of using the AED

AEDとは、自動体外式除細動器の略。コンピューターによって心臓のリズムを調べ、除細動(電気ショック)が必要かどうかを判断する機械です。救急現場で一般の人でも簡単に安心して除細動を行うことができるように設計されています。

忘れないで!!心臓マッサージ(胸骨圧迫)を、強く! 速く! 絶え間なく!

反応の確認

何らかの「応答」や「しぐさ」がない。

イメージ画像:反応の確認

応援を呼ぶ

周りの人に声をかけ、119 番通報。
AED を用意する。

イメージ画像:応援を呼ぶ

呼吸を見る

普段どおりの息(正常な呼吸)があるかないかを観察。

イメージ画像:呼吸を見る

心肺蘇生法

胸骨圧迫をする場所。

イメージ画像:心肺蘇生法「胸骨圧迫をする場所。」

胸が約5㎝沈むように。

イメージ画像:心肺蘇生法「胸が約5㎝沈むように。」

強く
成人は約5㎝、小児は胸の厚さの約1/3沈むように
速く
1分間あたり約100~120回の速いテンポで
絶え間なく
中断は最小限にする

AED が到着しだい電気ショック
電源を入れた後、音声メッセージに従うだけです

イメージ画像:頭の近くにAED を置き、AED の電源を入れる。

頭の近くにAED を置き、AED の電源を入れる。(AED の操作がしやすい)

イメージ画像:胸をはだけて電極パットを貼付ける。

電極パットの貼付け位置が図示されているので、胸をはだけて電極パットを貼付ける。

イメージ画像:誰も傷病者に触れていないことを確認しショックボタンを押す。

誰も傷病者に触れていないことを確認しショックボタンを押す。

ショック後は、ただちに心臓マッサージ(胸骨圧迫)を行う