竜巻・落雷

Tornade・Lightning strike

最近よく目にするようになった竜巻による被害。雷事故もひんぱんに起きています。前兆を見分けて身を守るすみやかな対策を。

積乱雲(入道雲)は要注意!

広場、河原、通学路をはじめ移動中の道などで、真っ黒い雲が近づいてきたり、急に冷たい風が吹いてくるとそれは積乱雲がやってくる前兆です。激しい雨や雷、竜巻に襲われるかもしれません。身を守るためにすぐ丈夫な建物の中へ入り、しばらく避難しましょう。

竜巻が発生しやすい…

時間

竜巻は親雲の積乱雲に伴って発生します。雷雨の発生しやすい地上の気温が上がる昼前から午後にかけてが竜巻が発生しやすい時間帯です。

季節

9月と10月。台風に伴う積乱雲によって発生することが多いので、日本に台風が近づきやすい夏の終わりから初秋にかけてが竜巻の最も多い時期です。

地域

竜巻は広い平野や海岸部に集中します。平野は空気の流れが山に邪魔されず、異なる温度の空気の流れが正面衝突するので、上昇気流によって親雲が発達しやすくなるからです。

竜巻発生の前兆現象は
~次のような現象が起きたら気を付けましょう~

空が急に暗くなる
竜巻の親雲が近づいている可能性があり、雷を伴う激しい雨が降り出したり突風が吹くことがあります。
雹が降る
突然、小石大の雹(ひょう)が降ることがあります。雹の落下速度は、直径1cmで時速30km、5cm だと時速120km にもなります。
物が巻き上げられ回転する
竜巻の初期段階の可能性があります。
轟音が聞こえる
竜巻は時速40-50kmぐらいで移動して進むので、かなりの轟音が出ます。
耳がキーンとする
竜巻の内部は気圧が低いので、接近した時に急に耳鳴りを感じることがあります。

竜巻に関する情報

気象庁は、竜巻などの激しい突風に関する気象情報として、「竜巻注意情報」を発表しています。これに加え、竜巻などの激しい突風が発生しやすい地域の詳細な分布と1時間先までの予報として「竜巻発生確度ナウキャスト」を提供しています。